大阪府立大學

子どもたちとSDGsを共有するために―サーキュラー?バイオエコノミーと応用生命科學を考える

子どもたちとSDGsを共有するために―サーキュラー?バイオエコノミーと応用生命科學を考える
開催日
2021年8月21日(土)15時~16時30分
開催場所
I-siteなんば
南海なんば第1ビル2階

I-siteなんばのアクセス

新型コロナウイルス感染拡大の狀況により、本講座は一部変更または中止となる可能性があります。

大阪府立大學には分野?部局橫斷型の先駆的で挑戦的な研究を行う多様な研究所があります。本セミナーでは參加者の皆さまに、各研究所の最先端の研究や多彩な取り組みをわかりやすく説明します。

子どもたちとSDGsを共有するために―
サーキュラー?バイオエコノミーと応用生命科學を考える

「バイオエコノミー」とは“バイオテクノロジー関連産業”ではなく、“化石資源に依存しない持続型の社會システム”の事ですが、バイオエコノミーを取り巻く世界の狀況は急速に変化しています。例えば、ホライズン?ヨーロッパの研究開発投資は12兆円、米國ではバイオ×AI研究に20兆円など投資されています。今、大阪からどのような貢獻が可能なのかを考え、次世代を擔う子供たちにどのようなメッセージを伝えられるかを考える機會になればと思います。

【講師】太田 大策(バイオエコノミー研究所 所長、生命環境科學研究科 教授)

〈バイオエコノミー研究所とは〉

持続可能な社會基盤を擔う人材育成、教育?研究フィールドを中心とした産學官連攜モデルの実証研究、社會への情報発信など、いろいろな研究分野の融合による実現をめざしています。バイオエコノミー研究?教育の學際拠點を形成し、學內外の共同研究推進によって、再エネ駆動型の都市型家族農業を世界に発信します。

関連情報
定員40名(申込者多數の場合は抽選)
対象者教員または教育関係者、その他一般の皆さま
受講料1,000円
申込期間2021年8月15日(日)【必著】
申込方法

次の申込フォームよりお申込みください。

お問い合わせ地域連攜室
Tel 072-254-9942
Fax 072-254-6271
国自产精品手机在线视频_97在线看视频福利免费-穿帮电影网